ウーマン

市販の教材で合格を目指す

メンズ

宅建試験は独学での合格率が高い国家試験です。理由は試験科目の半分以上が、暗記する事で解ける内容だからです。マークシート方式の為、解きやすい事もあり、市販の教材のみで合格している人は沢山います。市販の教材も宅建試験を研究している会社が作成しているので、自己管理ができるなら安く合格を目指せます。

内容を確認してから選ぼう

ウーマン

宅建を独学で勉強するには、知識をインプットするための基本書とアウトプット用の過去問題集の二冊が必要です。たくさんの出版社が宅建のテキストを出版していますが、一つの単元がテキスト毎にどのように記述されているかを見比べてから選ぶと自分にピッタリのテキストを選ぶことができます。

キャリアアップのために

勉強

不動産の知識をつける

宅建士は宅地建物取引士の略称で、不動産取引に関する国家資格です。不動産会社で働く人の多くが、宅建士の取得を目指しています。不動産の契約時、顧客に契約の重要事項を説明しますが、これをできるのは宅建士だけです。また、不動産会社に勤める人だけではなく、建築会社や金融機関でも、宅建士は重宝されます。建築会社は、不動産会社と同様で、不動産を販売するときに必要になります。金融機関も、グループ会社に不動産会社がある場合が多いです。このように、様々な職種において、宅建士が活躍しています。宅建士は国家資格なので、取得のためには国家試験に合格する必要があります。しかし、簡単な試験ではなく、合格率も20%未満です。取得のためには、ただ暗記するだけではなく、他人に説明できるくらい理解していることが求められます。そんな宅建試験ですが、独学で合格している人も多くいます。宅建試験は、出題されやすい一部の分野だけを勉強する方法では合格するのは難しいです。勉強時間をしっかり確保し、テキストを使って幅広い分野を学習します。独学は自分の好きな時間に勉強できるので、通勤中や帰宅後など、自分の生活スタイルに合わせて学習できます。なお、民法は非常に難易度が高いため、民法だけに着目したテキストを別に用意するのがおすすめです。理解できていない部分に時間を使えるのは、独学のメリットです。納得いくまで復習しましょう。合格したいという強い意志があれば、独学でも十分合格可能です。自分のキャリアアップに繋げるなど、資格を存分に活かしましょう。

コストを抑える学び方

模型を持つ人

資格の中でも人気が高い宅建は、一般的な他の資格同様に専門学校やスクール、通信講座などでも学ぶことが可能です。また、独学によって資格取得を目指すことも可能であり、独学ならば他の方法よりもコストを抑えて学ぶことができます。