模型と男性

市販の教材で合格を目指す

メンズ

自己管理ができるなら

宅建の資格取得には国家試験合格が必要になります。試験には受験資格は特になく、誰でも受験する事ができます。この試験は毎年20万人以上が受験する大きな資格試験であり、合格率は平均15%です。決して難易度の低い試験ではありませんが、合格者の多くは独学を選択しています。理由は試験の性質によります。宅建試験は4肢択1のマークシート方式です。出題科目は4科目であり、民法以外は暗記する科目が中心です。この事から、独学で合格を目指しやすい試験と言えます。独学は学習ペースを作る事や、モチベーションを保つ事が難しいと言われています。しかし自己管理ができる方なら、独学の方がメリットは大きいです。宅建試験を独学で目指すメリットとして、費用が安く済む事と自分のペースで学ぶ事ができる事が挙げられます。宅建試験の通信教育や予備校では、数万円から数十万円の費用が必要になります。しかし独学での学習方法は市販の教材がメインになります。宅建試験は歴史が長く、多くの良質な参考書が販売されています。参考書は一冊3000円程です。問題集と基本書、余裕があるなら予想問題集等を購入しても10000円程です。予備校や通信教育に比べると、非常に安く費用を抑える事ができます。もう1つが自分のペースでできる事です。体調不良の時や、急な予定にも対応できます。それにより勉強しなければというストレスを緩和しながら、学習する事ができます。独学では自分の力で行うので思考力が高まり、自主性が高まるので行動力も養われます。